ほうとう人生まっしぐら

23歳生粋の日本人がシンガポールで現採になったよ。小娘のサバイバル生活を徒然なるままに。

おぺんほうせ

お久しぶりです。


最近寒すぎて、あり得ないくらい寒すぎて…。

早くシンガポールで暖まりたいです。

昨日ついに住むところが決まりました~!わーい!

現地の友達が交渉してくれて、専用バストイレ付きの女性専用リノベーション済みテラスハウスを1000SGDでげっちゅしました!これはかなり安いんですよ!

これで一安心です(^o^)

今回は海外転職に興味のある人に少しでもお役に立てるよう、プチ情報をシェアしたいと思います。


1.仕事探し
私はシンガポールにターゲットを絞っていたので、現地でまぁまぁ有名なJobstreetというサイトを利用しました。
こちらのサイトは東南アジアのローカルサイトで、検察キーワードにJapaneseって入れて、現地採用の会社を探しました。
でもここでは特に収穫がなく、Good Job Creationというサイトのエージェントに声をかけられ、いまの会社を紹介されました。
個人的にエージェントに紹介してもらった方が、フィッシングの募集とかに引っ掛からないからいいと思います!

2.ビザ
完全ビザサポートをしていただける会社なので、私は英文の卒業証書、パスポートのコピー、色んな質問への回答を会社に提出しただけです。絶対にビザサポートしてくれる会社がいいと思います。

3.現地の住むところ
これが厄介です。
私はぬくぬくと実家住まいをしてきたので、住むところに悩んだことは特にありません。
ましてや初めての一人暮らしがシンガポールなんて。家賃高すぎます。
ゆえに、基本的に私のような一般人は他人とシェアです。
お世話になったサイトはproperty guru、現地の不動産サイトです。
他にも色んなサイトがあるのですが、フィッシングくさい募集がたくさんある気がします。
property guruは仲介者の顔とか電話番号も載ってて、安心できます。
仲介者に連絡をすると、内覧の誘いが来て、内覧時に値段の交渉ができます。
幸いなことに、現地にシンガポール人の友達がいるので、私の代わりに内覧や値段交渉をしてくれました。
安いものだとバストイレ共用のお部屋などありますが、私は専用のバストイレが絶対条件だったので、友達に最後まで迷惑をかけてしまいました。
私は現地到着後から出社まで3日の猶予しかなかったので事前に決めたのですが、行ってから自分で見て決める人が多いみたいです!

以上、プチ情報でした~!