ほうとう人生まっしぐら

23歳生粋の日本人がシンガポールで現採になったよ。小娘のサバイバル生活を徒然なるままに。

KatongいぇあBugisいぇあ

こんにちは。

週末はいろんなところにお出かけするので、ついつい歩き回ってしまうのですが、歩きすぎて頭皮が常に火傷状態です。ひりひりします。皮がむけます。白目部分も日焼けして茶色くなってきました。おそろしきシンガポールの日差しです。。。

さてさて、なんとなくタイトルでお分かりかもしれませんが、今回はKatong(カトン)とBugis(ブギス)について書こうと思います。

 

まずKatong!

f:id:yumin714:20160307001142j:plain

シンガポールの古い建物をそのままにしてお店が立ち並んでる感じなので、日本の観光客にも人気みたいです!

Katongはなんといっても食べ物が有名みたいです!美味しいチキンライスとラクサはKatongにあるみたいです!行ったことないけど。そんな定番の料理を差し置いて食べたのが・・・

f:id:yumin714:20160307001137j:plain

どーーーん!!!

なにこれーーーローカルすぎるんですけどーーwwというあなた。そう、ローカルすぎて私も名前を覚えてません。ローカルの友達曰く、スーパーローカルらしいです。

でもおいしかった!シンガポールは何でもチリをつけて食べるので、少し辛くておいしかったです!

f:id:yumin714:20160307001136j:plain

次は飲茶!ここは深夜2時くらいまでやっているのですが、とってもおいしい!現地民は中国系が多いから、中華料理がおいしいです!

横浜の中華街でも見たことがないようなものがいっぱいで、選ぶのも楽しいですよ!

スーパーローカル麺も飲茶も、どちらも一皿5ドル(400円)くらいで頼めるので、須っごく安くてありがたいです!

 

次はBugis!!

前回もBugisについて書いたのですが、私はBugisが好きすぎて仕方ありません。

ただひたすらに安いからです。食べ物も、いろいろも。。

そう、今回は洋服を買ったのですが、一番高くて32ドル(2600円くらい)で、12ドルとかでも買えちゃいます。

日本でもありえない金額ですが、なかなかかわいいデザインの服もあり、とっても幸せです!

4着買って8000円くらいでした!わーお!

ほぼほぼレディースの服なのですが、Bugis streetの2階にたくさんお店があるのでぜひ行ってみてください!

ただ、定員さんがほぼほぼ中国語で話すので、私は中国語話せるローカルの友達と行って良かったのかなとも思います。ちょっと値引きしてくれたところもあるし。

 

と、いうわけで、今回もまじめにローカルを紹介したので良しとしましょう!

暑い暑い暑い

お久しぶりです。

 

毎日毎日忙しすぎてうっかり更新することを忘れてました。日本では絶対残業しない派の人間だったのに、こっちに来てから10時間以上は毎日働いております。。。逆じゃないんかい、と面白くもない一人突っ込みを入れるわけです。まぁ仕事が楽しくて気付いたら夜になってるわけです。帰ってもすることないし独りぼっちなんです。はい。先週はいろいろとありました。

 

まずは、土曜日に友達の家のLoheiにお邪魔しました。マレーシアやシンガポールで、家族が集まって旧正月に行われるイベントです。

f:id:yumin714:20160227214337j:plain

これまぁまぁ大きいんですよ。これにみんなで箸を入れて、「発」って中国語で言いながら箸で掴んだものをできるだけ高く上げるんです。とっても賑やかで楽しいイベントなのですが、食べ物で遊ぶなと習う日本人からは仰天のイベントです。発とは中国語で繁栄のような意味らしく、この食べ物はそれぞれに意味があって、今年一年の成功を祈るような目的らしいです!

個人的にはとっても楽しかったから、来年もいろんなところに参加したいです!

 

さぁ、次は飲み屋さんについてです!こっちは酒が高い!スーパーで6本入りのビールを買おうとすると15ドル以上はします。1300円くらいかな?あれ?ふつう?

現地採用の私からすれば外で飲むようなお金はございません。はぁ。。


f:id:yumin714:20160227215023j:plain

先日は会社の近く、マーライオン様のすぐそばにあるバーに連れて行っていただきました。シンガポールには1for1という20:00くらいまでのハッピーアワーがあり、1杯頼むともう1杯無料で飲めるんです!お酒が高いからハッピーアワーは少し長めにやってくれるみたいです。こっちには西洋系の人もたくさんいて、ハッピーアワーは西洋系のビジネスマンがすごく幸せそうにがぶ飲みしてらっしゃいます。もしもシンガポールで飲む際には1for1を確認したほうがいいですよ!

 

さぁ、最後に火鍋!どーん!!

f:id:yumin714:20160227215032j:plain

私はシンガポール初だったのですが、火鍋といったらブギスというほどブギスには火鍋の店が連なっております!しかも安い!おいしい!飲んで食べてひとり30ドル(約2,400円)です!日本のレベルの料金!最高です。

夜まぁまぁ遅くに行ったので、この火鍋食べて帰っただけなのですが、ブギスはアラブストリートとかあって、すごく異国情緒漂う街なんです。

しかもいろんなものが安い。(超重要)

観光客はぜひブギスに行ってください!いろんな文化の入り混じるシンガポールを感じられるはずです!

 

さぁ、今日はまじめにブログを書いた気がします笑

 

では、指が疲れたのでさようなら。

シンガポールからこんにちは

とってもお久しぶりです。

 

引っ越しとかいろいろとあって更新ができずに申し訳ありませんでした。

 

タイトルにもある通り、わたし、シンガポールに来ております。

 

日本の真冬から常夏の国に来ると、もう暑くて暑くて。。。

特にここの湿度は尋常じゃないからバテちゃいます。。。どうせ湿度90%なら雨降ってくれよ。

 

まぁそんなこんなでこちらに来て驚いたことを少しだけ書いてみようかと思います。

 

1.新年

今日は世の中ではバレンタインデーですが、この国では大して盛り上がっておりません。

なぜならまだ旧正月中だから!

街にでれば獅子舞みたいなので踊ってるし、みんな赤色の服着てるし。でも一番驚いたのは、挨拶です。

不動産屋に会ったらまずオレンジを2個もらって、大家さんからもオレンジ2個もらって。オレンジこんなに食ったら肌が黄色くなっちまうよ~と思って困っちゃいましたよ。

でも、どうやら旧正月期間にはオレンジを2個渡すしきたりがあるみたいなんです。

幸運がありますように的な意味をもってるらしい。

旧正月期間にこちらに来る機会がある人は、オレンジを用意しておいたほうがいいかもしれません。

 

2.飲み物

こちらの国は常夏なので、冷たい飲み物が欠かせません。

でもねぇ、ほとんどが甘いんですよ。あまあま。

私は飲み物は断然無糖派なのに、私のデブに拍車をかけるごとく飲み物が加糖っちゃってるんです。

例えば、コーヒーね。

どこか食べに行ってコーヒー頼んだらふつうブラックで来て、備え付けでミルクと砂糖ですよね。

こっちで頼むと、勝手にミルクと砂糖入れられてるんですよ。最初は「もうこの店来ない」と思ったりしてたのですが、どこに行っても入れられちゃうんです。

どうやら特別な頼み方があるみたいなんですよね、ブラックほしい人は。Kopi 0 ~(コーピー オー なんちゃら)忘れたけど。

まぁそんな感じなんで、ブラック派の人はミルクと砂糖入りのコーヒーがきても店員さんを怒らないであげてね。

 

まぁ今日はこのくらいにしておきます。

こちらは本当に物価が高いので(例えばパンテーンのシャンプーが10ドル以上とか)、こちらに来る機会がある人はぜひとも私の買い物を頼まれていただければ幸いです。

おぺんほうせ

お久しぶりです。


最近寒すぎて、あり得ないくらい寒すぎて…。

早くシンガポールで暖まりたいです。

昨日ついに住むところが決まりました~!わーい!

現地の友達が交渉してくれて、専用バストイレ付きの女性専用リノベーション済みテラスハウスを1000SGDでげっちゅしました!これはかなり安いんですよ!

これで一安心です(^o^)

今回は海外転職に興味のある人に少しでもお役に立てるよう、プチ情報をシェアしたいと思います。


1.仕事探し
私はシンガポールにターゲットを絞っていたので、現地でまぁまぁ有名なJobstreetというサイトを利用しました。
こちらのサイトは東南アジアのローカルサイトで、検察キーワードにJapaneseって入れて、現地採用の会社を探しました。
でもここでは特に収穫がなく、Good Job Creationというサイトのエージェントに声をかけられ、いまの会社を紹介されました。
個人的にエージェントに紹介してもらった方が、フィッシングの募集とかに引っ掛からないからいいと思います!

2.ビザ
完全ビザサポートをしていただける会社なので、私は英文の卒業証書、パスポートのコピー、色んな質問への回答を会社に提出しただけです。絶対にビザサポートしてくれる会社がいいと思います。

3.現地の住むところ
これが厄介です。
私はぬくぬくと実家住まいをしてきたので、住むところに悩んだことは特にありません。
ましてや初めての一人暮らしがシンガポールなんて。家賃高すぎます。
ゆえに、基本的に私のような一般人は他人とシェアです。
お世話になったサイトはproperty guru、現地の不動産サイトです。
他にも色んなサイトがあるのですが、フィッシングくさい募集がたくさんある気がします。
property guruは仲介者の顔とか電話番号も載ってて、安心できます。
仲介者に連絡をすると、内覧の誘いが来て、内覧時に値段の交渉ができます。
幸いなことに、現地にシンガポール人の友達がいるので、私の代わりに内覧や値段交渉をしてくれました。
安いものだとバストイレ共用のお部屋などありますが、私は専用のバストイレが絶対条件だったので、友達に最後まで迷惑をかけてしまいました。
私は現地到着後から出社まで3日の猶予しかなかったので事前に決めたのですが、行ってから自分で見て決める人が多いみたいです!

以上、プチ情報でした~!

大事件

世間はSMAPの解散だかのアレでざわついてますね。

さすが、国民的アイドル。


国民的アイドルが世間をざわつかせてますが、私は今日、母校にとんでもなくざわつかされました。


私の大学はマンモス大学というほど学生数が多く(バレバレ)、レベルは低いのに日本の名前背負っちゃってる(バレバレ)大学です。

就労ビザの申請のために、ポンコツ大学に英文の卒業証明書の発行を依頼してたのですが、待てど暮らせど送られてこないので電話しました。

1月19日

遅すぎて心配になった私は大学へ電話

ポンコツ大学教務課に電話し、私の名前と用件をを伝えると

「長谷部様という方から郵便を受け取ったことはありません」

え??送りましたよ、1月8日に。うちのお母さんが。

しかし、私の手紙は受け取ったことは一度もないの一点張りで、苗字が結婚して変わったのかとまで聞いてくる。

妄想以外で結婚はしたことないし、書類も確かに本名で送った。

仕方なく顔面蒼白で電話を切る。
もしも今日の時点で届いていなければ、ビザは発行できない。

なにも考えずにいると、数分後に電話が鳴る。
ポンコツ大学教務課からだ。

「すいません、担当者に確認したところ、長谷部様の郵便が届いていました。」

は?

「卒業証明書の発行は25日となります。」

ハァ???

この時点で謝罪の言葉無し。
さすがの私も一気に頭に血がのぼる。

私「いやいや、いつ届いてたんですか?」
教務「1月9日です」
私「え、じゃあ今週中には発行できますよね。一週間から10日で発行できるって書いてありますよね」
教務「土日は数えません」
私「営業日って記載されてませんよね?しかもさっきは私からの郵便を一度も受け取ってないって言ってましたけど、届いてたんですよね」
教務「すいません、担当者に確認したところ届いてたということでした」
私「いやいや、さっきは確認もせずに無いって言ったんですか?どういう意図をもっておっしゃったんですか?」
教務「すいません、私たちは(以外確認してないことの言い訳)」
私「結局確認してないんじゃないですか。どうでもいいから早く発行してください。金曜まで待ちますよ」
教務「できません。」

は?

教務「センター試験とか入試の書類が色々とあって、順次対応になります」
私「あのぉ、他の大学は3日ほどで発行できるのにうちだけそんなに日数がかかるっておかしくないですか。」
教務「私たちは手作業で作ってるので」

呆れて何も言えない。

教務「月曜に郵送します。届くまでお待ち下さい。」
私「送っていただかなくて結構です。直接伺います。」
教務「えっ?(焦)」
私「郵送だと時間かかるでしょ。私が朝一番で取りに行くので、それまでに必ず用意しておいてください。じゃあ月曜にお目にかかるまで」

どうですか。こんなアホな話はありますか。

生徒数が日本一の大学で手作業で証明書をつくるなんてあり得ますか。

お陰でビザの発行は間に合わず、出発が一週間ほど後ろ倒しになりました。

航空券は既に買ってしまってました。

こんだけ迷惑をかけておきながら、謝罪はほとんど無く、呆れまくりです。

我が母校ながら、大学もポンコツならそこの職員もポンコツだなと思います。

会社はとても親切で、代替案をすぐに提案してくれました。

海外でのこういうことは慣れっこなんですが、日本でもこんな杜撰な対応があるとは…。油断してました。


ポンコツ大学よ、お主は本当のポンコツだ。

と、イラつくわけですが、できないものに喚いてすがるほどアホな私ではないので、、、

色々な手続きや荷造りをゆっくりできるし、物件もゆっくり探せるから良かったと思うことにしました。


そうだそうだ!そう思うことにしよう!

プー太郎説

お久しぶりです。

 

ありがたいことに、毎日送別会でアルコール漬けになっております。

それに伴い脂ものってきました。今の私は一瞬で燃えそうです。

 

最近はいろいろと書類の提出に追われております。

航空券も手配したので、いよいよ引き返せないなと気も引き締まります。

 

唯一のシンガポール人の友達に助けてもらい、あちらで住む場所も決まりました。

 

新築で部屋にバスルーム付きのテラスハウスです。

 

シンガポールの物件は本当に高いので、私のような平民が暮らすとなると、ほかの人たちとシェアハウスになります。ほとんど各部屋家具付き・家電はシェア的なものです。

 

それでも私が決めたところは最高の物件で、立地・新築で考えると破格です。

 

1000SGD以上のところ、交渉して900SGDまで下げてもらえました。

そう、不動産は値段交渉ができるんです。信じられない~~

 

そんなこんなで、現地に行ったら心配はないな~と思ってたのですが。が!

 

そうはいかないのが海外です。

******************************************

我が友人にデポジットの支払いと仮押さえを頼み、友人が例の物件に向かう。

 

不動産屋が突然友人にあやまる。

「すいません、オーナーがオーナーの息子さんを住まわすことにしたので、予定の部屋には住めません。ほかの部屋ならいいですよ。」

 

・・・は?

 

そんなもん最初から売り出すなボケェ!住めませんじゃないぞワレェ!

 

だいたいそんなオーナーの息子と共同生活なんて嫌でしょ。

f:id:yumin714:20160116164449p:plain

こういうゲームみたいなの起きちゃったらどうすんだよ。

 

仮押さえする寸前にオーナーの息子に部屋を奪われる。仕方なく狭い他の部屋に住む。お互い嫌い。けど一緒に住むうちにお互い気にになっていく。素顔のカレを好きになる。

 

みたいな。

・・・自分は恋ゲーのシナリオ製作者になれるのではないか?

 

まぁ、そんなことどうでもいいや。

 

友人がオーナー息子を見たらしいのだが、あいつはどう見てもassholeだということでした。見た目がassholeってどんなだったのでしょう。

 

不動産の担当者に、そんなところいりませんと友人経由で伝えてもらいました。

 

つまりは、物件探しはまた白紙に戻ってしまいました。

 

いい条件のものは高すぎる。

安いものは条件が悪い。

 

未だに新たな物件が見つかりません。

 

妥協もしたくないのですが厳しそうです。

 

つくづく思いますが、日本はきっちりした国です。

 

日本を基準に考えると海外なんかじゃ本当に暮らせません。

 

こんなことはありましたが、早く知れてよかったなぁと心から思います。

 

現地についてからとかだったら遅かったからね!

 

それでは、今日も頑張って住むところ探します。


<a href="//overseas.blogmura.com/ranking.html"><img src="//overseas.blogmura.com//img/overseas88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 海外生活ブログへ" /></a><br /><a href="//overseas.blogmura.com/ranking.html">にほんブログ村</a>

長谷部、会社やめるってよ。

お久しぶりです。

 

このブログのタイトルについてクレームを多々いただいてます。

ほうとう大好きな人のブログ?」

ほうとう職人のブログ?」

 

ほうとうを大好きでも作っているわけでもないので、ブログのタイトルを変えようと考えておりますが、いいタイトルが浮かびません。

 

そんな前置きはいいから、さっさと記事のタイトルを説明しろと思っている人もいるかと思います。

桐島、部活やめるってよ。的なノリで書いてしまいましたが、この度わたくし会社を辞めることになりました。

 そう、1年も経たないのに辞めるなんて。。。

 

ーーー1月7日ーーーー

この日、ついに辞めること言おうと決心。

 

自分のチームのリーダーに「すいません、会社を辞めたいんですけど」というと会議室に呼び出される。ちょっと緊張。

 「いつ辞めたいんですか?」

無理だと思いつつ今月22日と言ってみると、笑顔で「いいですよ~」と軽い返事。

さすがに怒られると予想してた私は、この軽い返事に思わずビックリ。

え、怒らないの?てかもう少し渋られたりしないの?引き止めたりしないの?なるほど、私にはその価値すら無かったのね。。

ビックリしながらデスクに戻ると、お昼のあとに人事と面談ね~と言われる。

 

人事もこんなに突然なのに面談が組めるんだなあとビックリしつつ、人事と面談。

前日に英語での辞表の書き方を検索して、それを提出。

この際だから会社の不満を言っちゃいなYo!と目を光らせて言った来た人事に対し、

「別に不満があるわけじゃなく、今後のキャリアアップを考えたときにこのままではいけないと思っただけです。この会社はいい会社だと思います。」

と言うと人種が違えど分かってしまう程、とてもつまらなそうな顔をされる。

つまらなすぎたのか、目すら見てもらえない・・・。

なんか言っとけばよかったかなーと申し訳なく思っていると、もう結構ですと面談終了。

予定30分のところ5分くらいで終了。半端なくあっさり。

 

そんなスーパーあっさりでスーパー早い辞表受理をしていただき、あとは22日まで働くだけとなりました。

あとちょっとしかありません!

 

 

さて、会社を辞めて一体何をするのか。

最初の記事であんな宣言をしておいて、口だけかと思う人もいるでしょう。

しかしながら、私はプー太郎になるつもりはございません。

 

わたくし、シンガポールにお仕事で行くことになりました!

f:id:yumin714:20160110133730j:plain

*このセンスのある写真は私が撮りました

 

来月からもうシンガポールで働き始めます!

 

別に写真にあるホテルで働くわけではありません。

 

これからは現地の情報なんかも盛り込んで発信していきたいと思います。

 

 

お楽しみに~~~~


<a href="//overseas.blogmura.com/ranking.html"><img src="//overseas.blogmura.com//img/overseas88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 海外生活ブログへ" /></a><br /><a href="//overseas.blogmura.com/ranking.html">にほんブログ村</a>